ムカシノコト、ホリコムヨ。

おもに鹿児島あたりの歴史を掘りこみます

鎌倉幕府滅亡から南北朝争乱へ

14世紀の日本は混乱の時代である。鎌倉幕府が滅び、天皇家は分裂し、足利(あしかが)家の中でも内部抗争が起こる。めまぐるしく状況が変わる中で、地方の有力者たちも振り回される。複雑な要素がからみあい、決着はなかなかつかず。ややこしくてグダグダな展開が続く。ここのところの歴史はわかりにくいのである。

以下、おおまかな流れを追っていく。なお、年号は南朝のものと北朝のものを併記する。日付は旧暦。


天皇家分裂

13世紀の半ばから天皇家持明院統(じみょういんとう)と大覚寺統(だいかくじとう)の2系統に分裂し、対立するようになる。この事態に鎌倉幕府が介入し、それぞれから交互に天皇を出すように定められた。この体制を両統迭立(りょうとうてつりつ)という。

のちに持明院統北朝へと、大覚寺統南朝へとつながる。

 

倒幕失敗

元徳3年(1331年)に後醍醐天皇(ごだいごてんのう、大覚寺統)の倒幕計画が発覚。急遽、天皇方は挙兵し、笠置山(現在の京都府相楽郡笠置町)に籠城するが敗北する。捕らわれた後醍醐天皇は退位させられ、隠岐国(現在の島根県隠岐郡)に流された。

天台座主の尊雲法親王(そんうんほっしんのう、後醍醐天皇第三皇子、「大塔宮」とも称される)は笠置山からのがれる。また、楠木正成(くすのきまさしげ)は河内国の下赤坂城(現在の大阪府南河内郡にあった)に籠城(赤坂城の戦い)。寡兵で幕府の大軍を翻弄するも、城を捨てて退却する。

なお、後醍醐天皇は反乱のさなかに「元弘」と改元するが、幕府側はこれを認めなかった。反乱を起こした後醍醐天皇にかわり、持明院統光厳天皇(こうごんてんのう)が即位した。

 

倒幕挙兵、再び

元弘2年・正慶元年(1332年)に護良親王(もりよししんのう、もりながしんのう、尊雲法親王が還俗)が吉野山で挙兵する。楠木正成千早城・上赤坂城で幕府の大軍を相手に奮戦(千早城の戦い)。千早城は落ちなかった。

翌年には後醍醐廃帝隠岐を脱出。さらに、全国で呼応する者が続出して、倒幕方は勢力を増していった。

 

幕府滅亡

反乱討伐軍の足利高氏(あしかがたかうじ、足利尊氏)が倒幕勢力に寝返り、状況は一気に動く。足利高氏らの軍勢が幕府軍を破り、元弘3年・正慶2年(1333年)5月7日に六波羅探題(京にある幕府の本拠地)を落とした。

同時期に上野国(現在の群馬県)で新田義貞(にったよしさだ)が挙兵し、5月22日に鎌倉を落とす。執権の北条高時(ほうじょうたかとき)は自害。鎌倉幕府は滅亡した。

九州でも有力御家人が幕府に反旗をひるがえす。少弐貞経(しょうにさだつね)・大友貞宗(おおともさだむね)・島津貞久(しまづさだひさ)らが挙兵し、5月25日に鎮西探題(幕府の九州統治の拠点、探題館は現在の福岡市にあったと考えられる)を攻め滅ぼした。

 

建武の新政

後醍醐天皇が再び即位し、元弘3年(1333年、「正慶」の元号は廃止)6月5日に親政を開始した。翌年に「建武」と改元される。ちなみに足利高氏は、後醍醐天皇の名「尊治」から「尊」の字を拝領して「足利尊氏」と名を改めた。

 

新政権うまくいかず

建武政権は旧来の天皇中心の政治を目指した。鎌倉幕府本領安堵は白紙とされ、天皇が再度配分することとなった。公地公民制の復活を目指したのである。

そんな中で武家の不満がふくらんだ。また、急な改革を処理する能力は新政権には整ってなくて、大混乱をまねくことに。それまでの権利は保証されず、土地をめぐる争いの裁定も滞り、綸旨(政府の命令書)ひとつで土地を失うことがあったりもした。公家を重用し、武家への恩賞も十分ではなく、不公平感を訴える者も多かった。

新政権の評判はどんどん悪くなった。

 

護良親王が失脚

征夷大将軍に補任された護良親王足利尊氏の排斥を計画。建武元年(1334年)に護良親王は尊氏追討の令旨を発しようとしたが、後醍醐天皇はこれを許可せず。この令旨が皇位簒奪の企てと疑われて護良親王は失脚する(足利氏側の謀略とも)。

親王は捕らわれて、鎌倉将軍府足利直義(あしかがただよし、尊氏の弟)の監視下で幽閉された。

 

中先代(なかせんだい)の乱

建武2年(1335年)7月に信濃(現在の長野県)で、北条時行(ほうじょうときゆき、北条高時の遺児)を奉じて反乱軍が挙兵。旧幕府の残存勢力や政権に不満を持つ者たちが加わり、大きな勢力となった。破竹の勢いで関東を席巻し、7月25日に鎌倉を落とした。なお、鎌倉陥落を前に護良親王足利直義の命令で殺害された。この行動は、反乱軍が護良親王をかつぐことをおそれたことが理由だとされる。

反乱軍鎮圧のために、京から足利尊氏が出兵する。尊氏は総追捕使と征夷大将軍の職を望んだが、後醍醐天皇はこれを拒む。尊氏は勅状を得ないまま出陣し、天皇は追って「征東将軍」の号を与えた。足利軍は反乱軍を殲滅し、8月19日に鎌倉を奪還した。

反乱鎮圧後も足利尊氏は鎌倉に留まる。さらに独自に戦後の恩賞を与えた。

 

足利尊氏の反乱

建武政権足利尊氏のふるまいを叛乱とみなして、尊良親王(たかよししんのう、後醍醐天皇の第一皇子)と新田義貞が率いる討伐軍を派遣。足利軍は討伐軍を破って京都を制圧するが、その後、新田義貞楠木正成北畠顕家(きたばたけあきいえ)らに攻められて敗北。播磨(現在の兵庫県)から九州へ逃れた。

 

尊氏の九州大返し

足利尊氏は少弐氏・大友氏・島津氏などの協力得て、九州の後醍醐天皇方を撃破していく。持明院統光厳上皇から新田義貞追討の院宣を受け、自身の戦いの正統性も主張する。

延元元年・建武3年(1336年)3月に筑前国の多々良浜(たたらはま、現在の福岡市のあたり)で菊地武敏(きくちたけとし、肥後の有力者)が率いる天皇方の軍勢を破る。この勝利を機に、九州の有力者の多くが足利尊氏に従うようになった。九州で足場をかため、軍を率いて再び上洛。6月に京を制圧する。

 

rekishikomugae.net

 

 

建武政権の終焉

後醍醐天皇比叡山に逃げ、のちに和睦。後醍醐天皇は退位し、持明院統光明天皇(こうみょうてんのう、光厳上皇の弟)が擁立された。尊氏は「建武式目」を制定し、武家政権を樹立する。これが、実質的な室町幕府のはじまりである。延元3年・暦応元年(1338年)には尊氏が征夷大将軍に任命された。

 

もうひとつの朝廷

後醍醐天皇大和国吉野山(現在の奈良県吉野郡吉野町)に逃れ、ここに朝廷を開く。京の朝廷を「北朝」と呼び、吉野朝廷を「南朝」と呼ぶ。ここから北朝方と南朝方が対立。それぞれを支持する勢力どうしが日本中で争い、内乱状態が激化していく。

そんな中で後醍醐天皇は病に倒れ、延元4年 ・暦応2年(1339年)8月に第七皇子の義良親王(のりよししんのう、後村上天皇)に譲位し、まもなく崩御した。

  

rekishikomugae.net

rekishikomugae.net

 

南朝、旗色悪し

南北朝の争いは続く。南朝方は有力武将を失い、次第に劣勢となっていく。正平3年・貞和4年(1348年)には吉野山を落とされ、南朝は賀名生(あのう、現在の奈良県五條市)に本拠地を移した。

 

足利家で仲間割れ

北朝方では政権の中枢にある足利直義高師直(こうのもろなお)が対立。正平4年・貞和5年(1349年)に直義は師直を政権から排除しようと企て、対する高師直は兄の師泰(もろやす、弟という説もある)らとともに挙兵してクーデターを図った。この争いは、直義が出家して政権から身を引く、という形で決着する。

 

足利直冬の反乱

直義失脚事件に反発して、備後(現在の広島県東部)にあった足利直冬(あしかがただふゆ)が兵を率いて上洛しようする。直冬は足利尊氏の庶長子(尊氏は認知していない)だが、直義の養子となっていた。幕府は高師直を追討軍として派遣。直冬軍は敗れ、九州に逃れた。その後、直冬は九州で勢力を広げた。

観応の擾乱

足利尊氏は九州の直冬の討伐に自ら出陣したが、足利直義が京を出奔して南朝に走る。正平6年・観応2年(1351年)1月、足利直義の軍が京を攻めて制圧。尊氏は京へ引き返そうとするが、直義軍と戦って敗北。尊氏は直義に和議を申し入れ、2月20日に和議が成立。高師直・師泰は出家引退することと決まったが、護送途中に殺害された。

南朝は壊滅寸前であったが、足利氏の内紛もあって息を吹き返した。

 

rekishikomugae.net

 

足利兄弟の対立と正平一統

今度は足利尊氏足利直義が対立。尊氏は軍を動かして直義を討つ体制を整えると、直義は京を脱出して鎌倉へ逃げた。西国の足利直冬も直義に呼応した。

足利尊氏は直義追討のため、なんと南朝にくだる。そして、南朝から直義と直冬の追討の綸旨を受けた。観応2年・正平6年(1351年)11月に北朝は廃され、南朝に統一された。北朝元号「観応」も廃され、南朝の「正平」に一本化された。尊氏は関東の直義を攻め、正平7年(1352年)1月に鎌倉に追い込んで降伏させた。その後、直義は幽閉先で急死した。

 

南朝の裏切りと北朝の復活

足利尊氏が京を留守にしている間に、南朝方が足利勢力を排除しようと動き出す。正平7年(1352年)閏2月に南朝は尊氏の征夷大将軍職を解き、鎌倉に軍を派遣して足利尊氏を敗走させた。同じ頃に南朝方の軍が京を占拠し、三種の神器を奪い、北朝方の上皇親王も連行した。京で留守を守っていた足利義詮(あしかがよしあきら、尊氏の嫡子で、のちの2代将軍)は近江国(現在の滋賀県)へ逃れる。

足利尊氏はいったん引いて軍を立て直し、すぐに反撃に転じる。南朝軍との合戦を制して、3月12日に鎌倉を奪還した。また、足利義詮も有力守護の協力を得て軍を編成して反撃。3月15日に京を奪還した。南朝後村上天皇は京を脱出して男山八幡(京都府八幡市にある石清水八幡宮)に籠城するが、5月11日に陥落した。

京では持明院統後光厳天皇(ごこうごんてんのう、光厳上皇の第二皇子)を擁立し、北朝が復活した。足利尊氏征夷大将軍に再び任じられた。尊氏は鎌倉にとどまり、幕府の政治は義詮に任せた。

 

rekishikomugae.net

 

両朝の対立つづく

三種の神器南朝が持っていて、北朝後光厳天皇の威光は弱いものであった。京を追われた南朝勢力はその後も抵抗を続ける。南北朝の争いは泥沼化していく。

南朝はたびたび京を攻撃する。正平8年・文和2年(1353年)6月には、北朝から離反した山名時氏(やまなときうじ)と楠木正儀(くすのきまさのり、楠木正成の三男)が連携して足利義詮から京を奪う。しかし、鎌倉から足利尊氏が救援に駆け付け、幕府方が京を奪還した。また、南朝に帰順した足利直冬が京を攻撃し、正平10年・文和4年(1355年)1月に一時的に占拠した。こちらも東国から足利尊氏が救援に入り、北朝が取り戻す。

正平13年・延文3年(1358年)4月、足利尊氏が死去。2代将軍となった足利義詮南朝に攻勢をかけるが、離反者も出たりして決定打にはならず。その後は、幕府でまたもや内部抗争があり、離反者を糾合した南朝が再び京を攻めたりもした。

 

rekishikomugae.net

 

和議成立、朝廷が一本化

南北朝の争いは、元中9年・明徳3年(1392年)の和議成立(明徳の和約)まで続く。3代将軍・足利義満(あしかがよしみつ)は、両統迭立持明院統大覚寺統から天皇を交互に即位させる)の復活を条件に南朝方と話をまとめた。これによって朝廷はまた一つになるが、すっきりと決着しない。北朝方は三種の神器南朝方から入手すると、両統迭立の約束を守らず。そのまま南朝政権は消滅してしまう。

その後も南北朝問題はくすぶる。持明院統北朝)の皇位の独占に反発して、大覚寺統南朝)側が反乱を企てることもあった。

 

<参考文献>
『日本の歴史8 南北朝の動乱
著/伊藤喜良 発行/集英社 1992年

『動乱の日本史 南北朝対立と戦国への道』
著/井沢元彦 発行/KADOKAWA 2019年
電子書籍版)

『西藩野史』
著/得能通昭 出版/鹿児島私立教育會 1896年

ほか