ムカシノコト、ホリコムヨ。

おもに鹿児島あたりの歴史を掘りこみます

東福寺城跡に行ってきた

鹿児島市清水町にある東福寺城(とうふくじじょう)跡に行ってきた。訪問したのは2021年1月某日。現在は、多賀山(たがやま)公園として整備されている。 鹿児島で最初の島津氏居城 東福寺城は、島津氏が14世紀半ばから拠点とした城である。もともとは鹿児島…

薩摩・大隅に古くから住まう者たち (3)

平安時代以前に薩摩・大隅で大きな勢力を誇っていた氏族をまとめる。その3回目! 大隅正八幡宮の行賢 行賢は11世紀末~12世紀前半頃に大隅正八幡宮(鹿児島神宮)の執印(しゅういん、神宮の管理者)だった人物。大隅正八幡宮領は寄進を集めて巨大荘園になっ…

南九州に所領を得た鎌倉御家人たち

薩摩国・大隅国・日向国にやってきた鎌倉武士は島津忠久(しまづただひさ)のほかにも、けっこういる。 鮫島(さめじま)氏 鮫島宗家(さめじまむねいえ)は薩摩国阿多郡(現在の鹿児島県南さつま市)の地頭に補任され、下向したとされる。建久8年(1197年)…

薩摩・大隅に古くから住まう者たち (2)

平安時代以前に薩摩・大隅で大きな勢力を誇っていた氏族をまとめる。その2回目は大隅の覇者となった一族、薩摩南部を席捲した一族について、だ。 肝付(きもつき)氏 大隅国肝属郡高山(こうやま、現在の肝属郡肝付町)を拠点とし、名乗りはその郡名から。肝…

薩摩・大隅に古くから住まう者たち (1)

平安時代以前に薩摩・大隅で大きな勢力を誇っていた氏族をまとめてみた。 大蔵一族 かなり古くから土着していたと思われる。大蔵(おおくら)一族の勢力範囲は大隅国桑原郡(現在の鹿児島県姶良市、霧島市の西部)をはじめ、薩摩国日置郡(現在の日置市・い…

鎌倉から薩摩へ、島津氏が根付く

薩摩住まいは3代目から? 島津氏初代の忠久(ただひさ)、2代目の忠時(ただとき)は鎌倉にあり、領国経営は代官に任せていた。 薩摩に島津氏が本格的に入ってくるのは、3代目の久経(ひさつね)からだとされる(諸説あり)。きっかけは元寇であった。建治元…

『島津国史』に見る島津忠久の経歴

正史の島津忠久伝 鎌倉時代から近世まで薩摩国・大隅国・日向国(一部)を統治した島津家。その初代の島津忠久(しまづただひさ)の足跡を、『島津国史』に沿って見ていく。 『島津国史』は島津家の歴史をまとめたもので、19世紀初め頃に島津重豪(しまづし…